2016年10月31日

シベリウスの協奏曲を聴く

 前日の土曜日。。。日曜日の予定をどうしよう? と考えつつ眠りにつき、「具合悪かったら休もう」と思って開けた日曜日。
 朝早くから何度も目が覚め、結局、いつもの時間にむっくり起き上がって、浅草橋へ。
 いや、そっちはいいんですけど。前職(フリーの頃の)と関係があるだけで・・・むはは。ちょとしたお小遣い稼ぎもしたりし、昼過ぎに鎌倉方面行きの列車に乗る。

 朝、FBを見たら、オーケストラ仲間のオトモダチが本日本番だそうな。やたらに本番の多いヒトなので、それ自体は珍しいことではないのだが、おまけに遠い(JR線の大船である)から、なんとなく見流そうと思ったら、曲とソリストの名前を見て、目がテンになった。
 シベリウスの《フィンランディア》と協奏曲と、ドヴォルジャークの交響曲第7番ですとっ!? おまけにソリストがN響の白井篤さんっ‼︎

 白井さんは、実は弊誌ではお世話になっている。クレバーな頭脳と天下のN響で第2ヴァイオリンの頭(現在は首席代行)を務めてこられたバランス感覚と、超絶うまい腕前、そしてお人柄といいますか。それにアマチュアにも分け隔てのないご指導などで人気です。「はまのJack」の頭を貼ったり(<違)、横浜の会館で月イチのコンサートなど、アクティヴにご活躍中。

 アマチュアの演奏会を聴きにいくのは超久しぶりです。というのもお仕事コンサートだけでも日に3つも4つも重なって選ばなければならない&土日もほとんど入る、というのがあって、なかなかオトモダチのコンサートに行けない(ごめんね皆様)。
 この日はたまたま、動けたのと、実は白井さんは10/18にリサイタルをされて、ご招待いただいていたのに、絶賛校了中のWで行けなかったんですね。だからそのリベンジというわけ。

 《フィンランディア》は予測通りで楽しませていただき、いよいよ協奏曲。
 最初の音が出た途端、ぞっく、としましたですね。弦の音の1音1音がこんなに響くものか、と。けっしてfでなど弾いているわけではない。だけどなぜこんなに響く・・・というか通るんでしょうね。オーケストラも、あの空気感をよく出していて、なかなか見事にシベリウスでした(出だしは)。
 美しいなーなんて美しい音色なんだろう。
 そう思えるこの協奏曲は幸せです。
 コンクールで弾かれることが非常に多いから、若い人たちの達者な演奏も昨年から本当にたくさん聴いているのですが、技術的にはもちろんバッチリの(すげー上手い)上に、なんというか色味、のようなもの。弾き方というのも目的によって異なるのですねぇ。

 この緑交響楽団は、年代の幅も広くて、おそらくベテランも多いのでしょうか。時折音楽が停滞することはあっても、拍感のしっかりしたオーケストラだと思いました。和声感も意外にあって、ときどきとても気持ちの良い音が鳴る。少なくとも、シベリウス、という空気感が感じられ、昨年、とても大好きになったフィンランドの地を思い起こすことができました(でも、冷たい空気感はないかな・・・仙台フィルと比べちゃいけません)。
 ともあれ、プロフェッショナルなオーケストラの方がソリストに立たれる時というのは、独特の安定感がありますね。ソロ一直線の方の時のような緊迫感はないのですが、アマチュアにとっては、素晴らしい導き手だろうと思いますし、オケの音の隅まで熟知されているソリスト、というのもそりゃもう素晴らしい。中に入っていかれる時と、そこから突き抜けてソロが歌うところ、そんなかけあいがとても美しかった。
 テンポちょっと、ゆっくりめで辛そうな場所もありましたが、それは指揮者の好サポートで。

 ドヴォルジャークは皆さんの気合と自由さが伝わってきて、弾くことが幸せなんだな、私もまた弾きたいな(ってこの曲、弾いたことないんで弾きたいですー)と思わせてくれる演奏でした。
 アンコールがまた! 涙。ここで《アンダンテ・フェスティーヴォ》ですか? そんなー。ずるいですー、ってついにここで涙腺決壊。またフィンランドに行きたいなー、ヘルシンキやハメンリンナの森よ川よ湖よ! うわーん、懐かしいよー。
 弦楽器がこれほど美しく鳴る音楽をほかには多くは知りません。素晴らしい曲ですね。

 ちなみに白井さんは、ドヴォルジャークもセカンドの真ん中に座って、楽しげに弾いておられました。素晴らしいですね。休憩時間に下記の写真を撮りにうかがったら、「これからが、本職だ」と笑っておられましたが。うん、さすがに光っていました。いいなーセカンドの皆さん。

 ちなみに私も実は、一度だけご一緒に弾かせていただいたことがあります。プロアマまぜまぜのオーケストラに、ゲストコンマスで来ていただいたのでした。その時、初めてお会いしたのでしたね、マーラーの4番を弾いたんですが。。。リベンジしたいですっ(笑)。マーラーの4番のリベンジは、先日、Qさん楽団で素晴らしい演奏体験をさせていただき、とても幸せだったので、もういいですけど(^_^)。

 選曲も素晴らしく、オーケストラの雰囲気も好い感じ。エキストラの方しか知人はいない知らないオーケストラですが、また聴いてみてもいいなと思って横浜を後にしました。
(それでも19時には家に帰れたから、ゆっくりできた日よね)

白井さん
白井篤-161030.jpg

会場の鎌倉芸術館
鎌倉芸術館-161030.jpg

指揮者の和田一樹さん
161030-和田一樹cond.jpg
posted by rain2009 at 23:57| Comment(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

ドイツの縁ある人々によるアンサンブル(LCP at 東京文化会館)

 ルートヴィヒ・チェンバー・プレイヤーズというグループがあり、日本とドイツで熱心に活動している。
 “熱心に”というと語弊があるかもしれない、同じオーケストラの楽員がベースで、仲の良い(尊敬し合える)人たちがアンサンブルのチームを作って、年に2回ほど、ドイツ国内や日本でツアーを行っているのだ。
 基本的に手弁当から始まったが、お客さんは一度聴くと、多くがリピーターとなり、応援してくれる人も増えてきて、制作も入っての、今回の東京は文化会館公演だった。ぶらっぼー。

 彼らはベートーヴェンの七重奏曲を演奏するために組んだ。だから名前は「ルートヴィヒ」だったり。もちろんその編成の曲は多くないから、組み換えをしていろいろやる。ヴァイオリンは+1人、オーボエ+1人の、デフォルトのメンバーがいる。
 拠点にしているオーケストラはシュトゥットガルト放送響だ。日本人は、白井圭(Vn)、横坂源(Vc)、幣隆太朗(Cb)がコアメンバー。Va、Hr、Fg、Clがドイツ人。共通語はドイツ語っぽい。幣くんは楽員だし、横坂くんもひところ首席客演チェリストとして出入りしていたから昔馴染み。白井さんには、彼らが互いに惚れ込んで、いっしょに演奏するようになったのだという。
 ともかく聴いてるだけで顔がほっこりしてくるような楽しさ。音楽の楽しさ。演奏技術が遥か高みにあるため、難しいとか表現がどうとか、考えなくて済む。酔ってられる、というので、応援する人たちは、皆、ビョーキのように応援してしまう。若くてパワフルで、音楽的で。

 友人2人をチケット買わせて連れていったのだけど、彼女たちも大喜び。CDその場で買って、サイン貰ってたのもいたし(笑)。せいぜい一緒にハマりましょう♪
 サイン会も長蛇の列でした(_ _)。

 いい夜だったなぁ(^_^)。・・・残念ながら、会社に戻らなくちゃならなくて、のんびりお酒も楽しめなかったのが残念。
posted by rain2009 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

涼しくなりましたなー。

 蒸し暑さがとっくに去って、涼しくて仕事しやすい日々。
 だからといって、こんなに仕事しなくてもいいと思う(泣)

弦楽器フェアに向けて、一直線です。

 11月2日発売号の「サラサーテ」と、実はもう1冊、ヴァイオリンが上手くなる本が出ます。お医者さまの描かれたもので、「60歳からでもヴァイオリンは弾ける」というような内容です。科学的・医学的根拠のもと、アメリカに医学&音楽留学までなさった(2年間)実績をお持ちで、2年前、いただいた原稿があまり面白かったのでいつかきちんと本にしたいと話していたものです。

 今年は11月4日から6日なので、「サラサーテ」はいつものような《先行発売》ではないのですが、いつものように売ってます。それと、この単行本(新刊)も売ってますので、是非、お立ち寄りくださいね♪
posted by rain2009 at 03:15| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

夏休み

 明日から個人的に夏休みです(にこにこ)。
 今年の8月も暑かった。。。でも休めなかった(泣)。
なので、9月の頭に休暇を取るつもりでいたら、最初の予定(海外の音楽祭)からグレードダウンし、国内旅行予定も友人の都合が×になって、無し。ちょっと拗ねてました。

 一人旅もいいですよね。最初からそう決めていればいろいろ予定も練ったのですが、3日休もうと思うと、その前後の調整がたいへん。取材時期に入ると、日程調整もままならないので、「やーめた!」ということにして、4日間、のんびり、、、でもまぁ少し遠出はしようかなと。

 ・・・と、ここまで書いたのは先週の金曜日でした。しまたなぁ、カメラのデータ吸い出しようのキットを持って来なかった。写真がアップできないではないか、海をたくさん撮ったのに。こういうときに、スマホは便利だと思います。(が、全面的に軍門に下る気にならんのですが相変わらず)

 9月2日に「サラサーテ」72号が発行になりました。お陰様で、反響が結構、FBの方などにもあって、ありがたいことだと思っています。表紙の神尾真由子さんの力もあると思いますが、思ったより「ブラームス」が受けていて、嬉しいです。オーケストラ者の心に響いたならもっと嬉しいですね。
 ちょうどこの時期に、ブラームスの交響曲第1番を弾いていました。別に意図したわけではないですが、わりとこういうことが多い。ネタにも困りません。参加したオーケストラのヴィオラの皆さんが、前号の「ヴィオラに恋して」をご購入いただいて、さらに鈴木康浩さんの「オケスタ」がブラームスの交響曲第1番だったので、それも参考になったそうです。よかったよかった。こういうお声が一番嬉しいですね。

 さて、発行された途端に、おやすみしてます。金曜日の夜から正確には休みに入ったのですが、結局、土曜日は出勤してましたし(笑)、日曜日は出かけずに某レッスンなど行ってましたので、その日の夕方からすこし遠出しています。
 遠出、といっても神奈川県の端っこなので、お隣の自治体というわけですが、緑が濃いし、海はあるし山はあるし、空気は良いし(湿気が多くて重いけど(^_^;))何やるでなく、ぼーっとしてます。これから夕飯を食べに行かなければならんですが、明日はさらに南下して、伊豆の方へ一人でぷらっと行ってくる予定です。友人が住んでいる街まで訪ねたかったのですが、台風(12号・・・熱帯低気圧になったそうですが)が来るかもしれないので、おとなしく電車で南下して、駅周辺で観光する予定です。お天気が良くて、今日は海岸線もとてもきれいでした。
 そうそう。以前、せきれい社の社員旅行(今の社長になる前、出版事業を始める前のことです。今はそんな余裕はございません)で行った熱海の老舗旅館(ホテル?)が閉じてしまったというので、そこも見に行ってきました。まだきれいで、撤収中というところでしょうか。熱海は現在はとても活性化しているということなので、それは「よかったなぁ」という感じですが、駅前にリゾート/居住両用の大型マンションが複数立ちつつあり、いろいろ変化を感じます。

 それでは、温泉にでも入ってこよっと♪
 
posted by rain2009 at 11:35| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

ブルックナーの交響曲第9番

 実は、「アマチュアのオーケストラで弾きたいっ!」と熱望して、20年前にヴァイオリンを始めたのですが、当時から、ブラームスやマーラーは大好きでしたが、ブルックナーは嫌いでした(^_^; つい最近まで。
 オーケストラ好きの“音楽愛好家”の方々の多くがブルックナーが大好きで、プロオーケストラでの演奏回数もとても多い。それを知っても「偉いなー、あんな長い曲を聴くなんて」としみじみ思っていたのです。
 音楽業界人とはとても思えない発言(それにしても、ピアノ弾きだったくせに「ショパン嫌い」とか、いろいろ問題発言多いなー、私・笑)。

 ところが、ここ数年、このブルックナーが大好きです。
 きっかけは、本誌に連載している「鈴木康浩のヴィオラのオーケストラスタディ」なのですが。。。読響で、いやそれ以前にベルリン・フィルのアカデミーにいた頃から、ブルックナーを内声で弾いてきたヤスさんの熱い語りと、冷静な分析が面白く、ついスコアを見直してみたり。
 ちょうど同じ時期に、某オーケストラでブルックナーの第4番《ロマンティック》で、ブルックナー初演奏! この指揮者のお蔭様もありまして、「いやぁなんて面白いんだ!」と目覚めてしまったわけなのです。

 続いてこの3年間で第8番、今年ついに第9番を先般演奏しました。
 いやぁ、「ブルックナーっていいですねー」(笑)。

 今回は別の理由もありまして。初めて第2ヴァイオリンの第3プルトの裏……つまり、オーケストラのまん真ん中で弾くことになったんですな(第2ヴァイオリンは、1プルトの後ろ、右・左・右・左とプルトを振り分けていくのがうちの団。奇数プルトが中側へ入ることになります)。チェロの隣、フルートの前。本当に、ステージのまん真ん中です。
 2列目というのは、大変に弾きやすいポジションで、後ろ列もだいぶん慣れましたが、時差に悩まされずに済むのと、指揮者・コンサートマスター・セカンドトップとヴィオラやチェロ、等分に皆、よく見える。
「見るためのストレス」があまりないんですね。
 その分、金管の音がよく聞こえるわりには合わせて弾くと遅れるので、そこだけ注意、というところでしょうか。木管はほぼ聴けた通りに合わせても問題のない場所です。

 オケそのものが相当に手練の集団だということと、なにせ仲良くてアンサンブルがいい(この二つがイコールではないとは思うのですが、やっぱりまったく無関係ではないと思います。特にアマチュアの場合は、人間的に「人様に合わせよう/受け入れよう/我が身を省みつつ一緒に音楽しよう」という心持の低い人は、アンサンブル能力も低い気がいたします。
 加えて、「どこへ向かっているか」がわかりやすい音楽というのは、心地よくそれに乗れる。あとは自分の研鑽だけですが、和声の合わせ方すら、すこし変わったような気がします。

 曲のためもあるのでしょうか、いくつかのフレーズは本当に内的世界を音楽に昇華したというか、ブルックナーの凄さ、美しさというのを堪能させてもらいました。
 そして、金管の響きと木管のフレーズの中に弦楽器がきっちりハモっていくと、楽器が喜んで鳴るんですな。これを倍音というのでしょう。
 弦楽器は自身の中に《倍音構造》を持っていますが、それが他力で鳴ることもあります。これはなかなか実感する機会は少ないですが、今回は何度も体験できました。
 ひとつにはアマチュアには珍しく“音色の良いオケ”だと私は勝手に自オケをそう思っているのですが、そのためもあるかもしれません。皆、弦楽器がよく鳴らせているので。音はもちろんぽろぽろやってます、音程はずしたりもね。でも、誰も遠慮しないし、加減も知っている(つまり、ダメなとこはかすむとか、うまくやってるんだとおもいますし、和音のツボは心得て弾いていると思われるんです)。相当に神経を使って演奏しているだろう、、、という程度には、ベテランの集団なのでしょう。

 オーディションがあるわけではないので、上手い人ばかりが集まってるわけではないはずですが、味がある。もちろん上手い人がいて、集団を引っ張ってるには違いないのですが、ふっと出た和音が、「はっ」とするほど美しいことがあります。私個人は、ついていくのが大変で、いつも足引っ張ってるのですけども、受け入れてくれる度量もあるなとそこに甘えておりましてすみません(汗)。
 でもみんな、一緒に弾いてて気持ちいいんですよ、幸せですね。

160814_RH.jpg

160814_RH_bruckner.jpg
 ブルックナーの9番を、一生弾かないヴァイオリン弾きがいたら、幸せを一つ知らないことになる。
 そんなことも思ったこの3か月ほどでした。・・・もちろん、弾かなくてもこの幸せ感は体験することができる(質はちょっと違っちゃいますけどね)。良いプロオケの演奏を、よい指揮者で、聴いてください。CDじゃなくて、演奏会場で、是非。
posted by rain2009 at 20:07| Comment(0) | play | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする