2017年09月01日

8月の雨。

 8月は「【は】しる」・・・なんていう言葉はありませんが、毎年、暑いというのに夏休みどころか、とても忙しい月だったりします。
 今年も、「あっ!」という間に過ぎた感じ。アマオケ者は、本番が多い、という所為もありますね。世間が休みだと我々は動く・・・みたいな。

 8月20日(日祝)14時、杉並公会堂
  所属しているオーケストラの第19回定期演奏会。
 モーツァルトのピアノ協奏曲 c-mollを小林亜矢乃さんのピアノで。
 ブルックナーの交響曲第7番。いや、めっちゃええ曲でした、どちらも。“疾走する哀しみ”と言われたハ短調を、陰影のあるフレーズ感も音色も素晴らしいピアノと共演。
 ともかく名曲! としか言いようがない、1楽章から4楽章まで、スキなく構築された、でも、ゆるゆるなところがステキなブルックナーを。けっこう練習には出られた(最初の2回ほどヘクりましたが)ので、満足というか、弾いた気がするというか。音楽の中に没頭したかったのですが、しかし校了日前後と重なるという不幸で、最後の1週間が、ブルックナーにのめり込めなかった(シゴトで)のが残念。もっと浸って、もっと弾き込みたかったですね。でも、その音の中にいるだけで幸せでしたわ。

          ・・・
 さて、聴いたステージ。
 必然、芝居が多いです。

●8月1日(火)19:00 TBS赤坂アクトシアター 『ビリー・エリオット』
  5人の子ども主役のうち、加藤航世くんの日。あまりのバレエの美しさに(他のダンスや歌や芝居も凄かったけど)、いったいこの子、いくつ!? と思ったけど、あとでパンフレットを読んで納得。すごいミュージカルでした(他のキャストや演出も、音楽も素晴らしい!)

 これ以降、取材・執筆・入稿・校了になるため、レッスンとオーケストラ以外は極力行ってない。校了は8月22日。それ以降。

●8月24日(木)19:00 中野 ザ・ポケット『航路』 劇団 男魂(メンソール)
  久々に見たストレートプレイ。団地のコーラスサークルに様々な過去を持った家族が集い、発表会で「第九」を歌うを目指し練習を重ねる。列車で行きずりの男2人が語り手となり、確執のある親子が登場。やがて物語は一つの糸となり、それはベートーヴェンの調べに呼び起されて……。てな内容で、まぁベートーヴェンは、テーマになっていた「第九」より、「Ich Libe dich」の方が劇的でしたが。感動したー。

●8月25日(金)19:00 sonorium(永福町) 森田啓佑 チェロ・リサイタル
  素晴らしかった。特にベートーヴェンなど骨太で、見事な技術と音楽で。豊かだったし。成長の聴ける若手の演奏は、本当に心が洗われる。・・・絶賛されてたショスタコーヴィチは、曲の解釈が、ちと腑に落ちない。演奏は素晴らしかったんだけど。パガニーニもチャイコフスキーも、ぶらぼーでした。

●8月26日(土)16:00 新国立劇場中劇場『ミカド』
  いやもう素晴らしかった! ・・・これは記事に書くので、ここではあまり触れない。まぁもうほんと、脚本といい演出といい、キャストといい、抜群。

〇8月27日(日)17:50 池袋・グリーンシアター
  いわゆるひとつの発表会。NYの娼館を舞台にした青年とその妹、仲間たちの、物騒で心温まる音楽劇。ただし出演者はアマチュア。

●8月31日(木)18:00〜夜中 東京文化会館
  第15回東京音楽コンクール 弦楽器部門本選 →オシゴト。次号の雑誌を見てね

・・・涼しくなってきたけど、夏の疲れが出る季節だね。
9月になって、めちゃめちゃな頻度でコンサートが回っていく。次はそのレポート予定。
posted by rain2009 at 20:41| Comment(0) | report_記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

7月の雨。

 はてまたひと月過ぎてしまいました。
 興奮する演奏会や、音楽的に感動したこと、出会いやネタ、山ほどあるのですが、書く前に沈没してしまう毎日でございます。

 とりあえず、コンサートや舞台をたくさん行った7月。なぜなら企画仕込み期間中ですし、校了月ではありませんからね。

 前articleのコピーからいきます。

⚫︎2017年7月
 7月1日(土)佐藤俊介(Vn)+スーアン・チャイ(Pf)リサイタル(フィリアホール)
 7月2日(日)読売日本交響楽団 ドヴォルジャーク:チェロ協奏曲(遠藤真理)、チャイコフスキー:交響曲第3番《ポーランド》(東京芸術劇場)
 7月3日(月)『レ・ミゼラブル』(帝国劇場)
 7月5日(水)オペラ『鑑真東渡』(Bunkamuraオーチャードホール)

はい、この続き。

 7月8日(土)神奈川フィルハーモニー管弦楽団 ユーベル・スダーン(指揮)、佐藤俊介(Vn独奏)
  (横浜みなとみらいホール)
  モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番《トルコ風》 他
 7月9日(日)日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会(東京芸術劇場)
 7月12日(水)読売日本交響楽団定期演奏会(東京芸術劇場)
 7月14日(金)モーストリー・Koichiro(紀尾井ホール)
 7月17日(月祝)スーパーソロイスツ 三浦文彰(Bunkamuraオーチャードホール)
 7月20日(木)『West Side Story』(シアターオーヴ)
 7月21日(金)名古屋フィルハーモニー交響楽団(愛知県立芸術文化センター)
 7月23日(日)TSUKEMENスペシャルライヴ(松本・キッセイ文化ホール)
 7月26日(水)フェスタサマーミューザKawasaki 東京都交響楽団 ヤクブ・フルシャ《わが祖国》
 7月29日(土)フェスタサマーミューザKawasaki NHK交響楽団 伊藤翔 「プリンセス・オブ・クラシックス」
 7月30日(日)フェスタサマーミューザKawasaki 神奈川フィル 三大協奏曲
  岡崎慶輔(Vn)、上野(サキソフォーン)、仲道郁代(Pf)

ということで、8月に突入です。
上記のほか

 『銀魂』と『忍びの国」、『宇宙戦艦ヤマト2202〜愛の戦士たち・第2章』の映画を観たです。
 感想は、また別途。
posted by rain2009 at 22:59| Comment(0) | report_記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

6月の雨。

 6月、、、そりゃ雨だはな、梅雨だし。・・・ということではなく、【雨。】=つまり私のことでございます。
 コンサート関係、続きます。
 偶数月は、入稿・校了があるので、取材に飛んで回ってばかりいるわけにはいきません。また製作中の号が「チェロ特集」で、発行されて現在、(各方面からはご好評いただいています。ありがとうございます)見てみますと、感想としては「やっぱ、濃いわー」。という、てんこもり感、満載でございます。
 ということは、製作は「とても大変だった」わけで、編集部員、お互いが助ける余力もなく、各人、担当記事を邁進、それぞれがんばる(最後にチェックはもちろんするのですが)、、、という月でございました。そういう時って、以外にシゴトバは静かでございます。黙々と・・・いやまぁ電話、うるさいかな(笑)。んでもって判断に迷ったり写真や企画の方向性の意見を聞きたいな、なんて時は「ねーねー⚫︎⚫︎さん」と背中同士に語りかける・・・。

 この月は、少し面白い企画にお誘いいただいて、5月末から本番(乗る方)もありました。自分が持っているものに加えると2回(^_^;)こりゃ結構ヘビーですな。土日がそっちでツブれるので、ひたすら取材してたという感じでしょうか。あと、ちょっとビョーキしましたね。(今回は耳に来ましたので、それは別articleとしましょう)

⚫︎2017年6月
 6月13日(火)読売日本交響楽団 宮田大(Vn)ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲(東京芸術劇場)
  ☆ちなみにメインは『シェヘラザード』で、コンサートマスター長原幸太とソロ・チェロ遠藤真理の楽曲中ソロも、大変に素晴らしかったです。
 6月23日(金)仙台国際音楽コンクール優勝者コンサート チャン・ユジン(Vn)リサイタル(浜離宮朝日ホール)
 6月28日(水)25周年記念 モルゴーア・クァルテット演奏会(浜離宮朝日ホール)
 6月30日(金)東京都交響楽団 定期演奏会 with アルデッティQ、指揮:大野和士(東京オペラシティ)

それにしても少ないな(笑)。そして、これから記事になるものばっかりだからあんまり書けない(笑)。
本番2本で土日が食われる、というのがアレでしょうね。それはそれで楽しいのでありますが。
 そして7月はまた奇数月なので、頭からガンガン行っております。・・・最近、オペラやバレエ、映画を観る機会が減った。その分、ミュージカルや芝居が増えた。オペラ高いからねー、招待券降ってこないかな(笑)。

⚫︎2017年7月
 7月1日(土)佐藤俊介(Vn)+スーアン・チャイ(Pf)リサイタル(フィリアホール)
 7月2日(日)読売日本交響楽団 ドヴォルジャーク:チェロ協奏曲(遠藤真理)、チャイコフスキー:交響曲第3番《ポーランド》(東京芸術劇場)
 7月3日(月)『レ・ミゼラブル』(帝国劇場)
 7月5日(水)オペラ『鑑真東渡』(Bunkamuraオーチャードホール)
posted by rain2009 at 10:18| Comment(0) | report_記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

コンサートと、雨。の2017年5月

 書きたいことは山とあれど、そういった日は疲れていたりして、記録に残せないまま日々は進んでしまう・・というのは常のこと。「書く先」を決めておけばよいのですが、それもまたままならない。ネットには書けることと書けないことがあるしね。

 観劇や演奏会の記録だけでもつけておこうと思いはするけど、それもままならない。某コンクールで共同記者会見などあった際、知己のライターさんたちが皆、PCを開けて話をしていたとき、皆さんが(それが本業とはいえ)、全部、きちんと一元管理されているのをみて、「やっぱりやっておくべきだよなー>自分」と改めて思ったのはつい最近。彼らはそれが本業だとしても、えらいなぁ。
 私はレポートをするのは商売じゃないけれども、「いついつ、誰の演奏で、どんな曲を、どんな楽団で、どこのホールで」聴いたかは、必要な情報だ。「この人を聴いたはず。だけどなんの曲でいつだったっけ?」・・・このケースがとても多くて、本当は聴いているのに、知らないことにせざるを得ず、よろしくない。ということもある。

 聴く・体験することは、必定、仕事に結びつくので、なるべく行ける日には行ける場所に行こうと思ってはいて、編集部員3人で「行けないんだけど、興味ある?」とそれぞれに来た招待状や情報を交換する。自分の趣味で行くものについては先の先までチケット買っておかないといけないので、それを組み込んでおいても、仕事優先でチャラになることも少なくない(ああんー、1万数千円が・・・)。体調を崩して「どこかで休もう」と思ったら、優先順位は必然的に着く。だけど、好みや「聴いておいた方がいいな」ということが、また、よく面白い企画や人につながっていることが多いので、それも捨て難い。

 まぁ、久々に書いて書き方を忘れそうなので、せめて5月・6月の記録を残しておこうっと。
 このうち、けっこうな分量は、雑誌の誌面になんらかの形で反映されておったりします。

⚫︎2017年5月
 5月1日(月) 服部百音x辻井伸行 スーパーコンサート(Bunkamuraオーチャードホール)
 5月4日(木祝)ー6日(土) LFJ2017(東京国際フォーラム)
 5月5日(金祝) ロロンス・カヤレイ(Vn)(ルーテル市ヶ谷)
 5月15日(月) フィルハーモニア管(東京文化会館)
 5月16日(火) 印田千裕(Vn) B→C(東京オペラシティ)
 5月20日(土) 神奈川フィル:音楽堂シリーズ(神奈川県立音楽堂)
 5月23日(月)『パレード』(東京芸術劇場プレイハウス)
 5月26日(金) 岩川光(ケーナ)+伊藤志宏ライヴ(大塚 All in one)
 5月27日(土) 日本フィルハーモニー交響楽団定期 『ラインの黄金』(東京文化会館)
 5月30日(火) ヴィオラスペース
 5月31日(水) 国際音楽祭NIPPON 諏訪内晶子(Vn)+マリオ・ブルネロ(Vc)+ボリス・ベレゾフスキー(Pf)のトリオ(紀尾井ホール)

久々に、たくさん聴いた月でした。他のメンバーが、わりと出張気味で、本当は私が行く予定だったものも、なぜか行っていただくことになり・・・お留守番がちだった、というのはありますねぇ。よくおべんきょした月でした。

posted by rain2009 at 09:54| Comment(0) | report_記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

4月1日

 週末、ということもあって昨夜から私の周りのネット住人たちは、真剣にエイプリルフールのネタを考えていて撃沈していたようです(笑)。
 かなり笑って、周りの人がハッピーになるネタを考えるというのは意外に難しく、毎年何らかのヒット作が生まれるものですが。思いついたネタがブラックすぎて笑えない・・・ということもあり。
 毎年いくつかの企業の渾身のウェッブが話題になっていたこともありますが、今年は個人的にそれどころでない。急に出張に行くことが決まり、久々のドイツです♪ ムジークメッセ2017で、現在の仕組みになってからはまだ一度も(私は)行ってなく、社長だけだったので、いろいろと楽しみです。

 せっかくドイツまで行くのだから、周辺で何か取材しようというのは当然考えること。
 そのための打ち合わせや手配がけっこう大変でして、でもとてもスムーズ。ご協力いただいた皆様、感謝です。

 現地のオーケストラで活躍している日本の方にお会いするのは、毎度の楽しみでもあります。今回も、それを記事にしちゃえ、というのでお邪魔することに。先方も忙しい折、よい記事ができるといいんですけどね(<ちょっと気弱)。

 それと5月にはエリザベート王妃国際コンクールのチェロ部門第1回があります。
 2年前から「行くぞ〜〜!」と決心していて張り切っていたのですが、自分の目標がまったく達成できておらず。さてどうなることやら。日本人の若者たちががんばっていて、一次予選に7人も残っています。彼らの演奏も聴きたいし応援もしたいんですが、いかんせん元手がかかりますからね・・・でも、素晴らしいコンペティションになってくれることを祈ります。なにせ伝統あるコンクールのチェロ部門、記念すべき第1回なのですし。

 上記セミ・ファイナルとまったく日程かぶりまくりですが、大阪国際室内楽コンクールもあります。
 こちらは確実にレポート予定でございます。こっちも楽しみだなぁ♪
posted by rain2009 at 09:45| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする