2021年08月21日

2021年8月前半のコンサート

 さて書ききれなかったので、8月は別にしようかと。
 川崎詣でから始まります。


■8月のコンサート

◎8月3日(火)15:00 フェスタサマーミューザkawasaki/神奈川フィル−鈴木秀美(ミューザ川崎)

【中止】8月4日(水)14:00 オペラ「マイスタージンガー」(東京文化会館)

◎8月4日(水)19:00 フェスタサマーミューザkawasaki/京都市交響楽団−広上淳一(ミューザ川崎)

◎8月6日(金)19:00 周防亮介ヴァイオリンリサイタル(トッパンホール)

◎8月7日(土)15:00 フェスタサマーミューザkawasaki/日本フィル →「ほぼ日」にレポ書きました。リンク先の「8月8日 第16号」からお読みいただけます)

★8月14日(土)14:00 合奏団ZERO 第26回定期演奏会(★これは出演。シューマンのピアノ協奏曲&ベートーヴェンの交響曲第3番《英雄》。指揮は松岡究、ピアノ独奏は佐藤元洋)

◎8月15日(日)13:30 上森祥平バッハxブリテン無伴奏全曲演奏会(東京文化会館・小)

▼8月17日(火)13:00 ミュージカル『ジェイミー』 (★腰痛により諦めました涙)

◎8月18日(水)18:00 獺祭コンサート〜日本センチュリー響(グランドプリンス新高輪・飛天の間)

・・・と今に至ります。今月はまだあるのでまた別途書きますけど。
18日の獺祭コンサートについては、FBの「クラ聴こ」グループに投稿したのですが
公開ではないので、後ほどリライトしてアップ予定。



posted by rain2009 at 14:02| Comment(0) | concert | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月19日

2021年7月のコンサート

 あっっっという間に1か月や2か月過ぎてしまうですね。毎日会社に行ってないから余計。
 本当は昨日、引っ越し第一弾予定だったのが、あろうことか「ぎっくり腰」になってしまい、順延。日程が取れてよかった、、、とはいうものの、痛む指と腰をだましだまし本や資料の箱詰めや仕分け、ゴミ出しなどをやっています。
 粗大ゴミ2回出したら相当すっきりしたけど、もう1回が週明けにあるのねん。こっちは本棚2本なので、本の一時取り外し(どこに置くんじゃ涙)と解体があるんだわー、もうタイヘン。

ということで。
(▼は、予定してたのに行けませんでした、ゴメンナサイ、のものです)

■7月のコンサート

☆7月2日(金)18:00 帝国劇場 ミュージカル『レ・ミゼラブル』(2回目、キャスト違い)

▼7月4日(日) 調布国際音楽祭2021 最終公演

◎7月6日(火)19:00 服部百音ヴァイオリンリサイタル(紀尾井ホール)

◎7月10日(土)14:00 日本フィル 東京定期(サントリーホール)

◎7月13日(火)19:00 Music Dialogue(HAKUHUホール)

▼7月16日(金)夜公演 劇「沖縄民宿チャーチの〜」(中目黒)

◎7月17日(土)18:30 阪田知樹ピアノリサイタル(ミューザ川崎)

◎7月18日(日)14:00 東京交響楽団定期/伊藤文嗣さん青木篤子さんsoloドン・キホーテ(ミューザ川崎)

☆7月19日(月)18:30 「ジーザス・クライスト・スーパースター」(東急シアターオーブ)

▼7月21日(水)19:00 読響定期(サントリーホール)

◎7月22日(木祝)17:00 仙台フィル東京公演(サントリーホール)

◎7月24日(土)15:00 徳永二男 楽壇55周年記念コンサート(サントリーホール)

◎7月26日(月)15:00 フェスタサマーミューザkawasaki/都響(ミューザ川崎)

◎7月28日(水)15:00 フェスタサマーミューザkawasaki/N響室内楽(ミューザ川崎)


・・・ということで、後半から一気ですが、たぶん前半体調良くなかった。
後半はサマーミューザが始まったので数か月ぶりの川越が阪田くんのピアノリサイタル、
それ以降、川崎通いが始まります。

(続く)

posted by rain2009 at 13:49| Comment(0) | concert | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月30日

2021年5月〜6月のコンサート

 タイトルのようにざっくりまとめてしまっていいのだろうか?
 FBに「感想書く書く詐欺になっている😅」と書いたのだが、仕事はお休みしているとはいうものの、コンサートには結構行ってます。それでも半分〜1/3はキャンセルしてるので、ふだんどれだけ行ってるんだよという感じですが。
 私たちはコンサートの評を書くのが仕事ではないので、演奏を聴いて演奏家の人の今を知り、オーケストラやプロダクションの今を聴き、その中から新しい企画や、そこで会った人・事象を紹介したり次の何かにつなげていくのが仕事です。もちろん「紹介お願いします」ということで雑誌にレポート書くこともたくさんありますが。。。とりあえずそちらはお休みしてますね。
 8月にミューザ川崎の「フェスタサマー」での「ほぼ日刊ミューザ」の記事を頼まれて書くのが超お久しぶりのレポートでしょうか。

 その間にも自分で買ったのやらご招待いただいたのやら、コロナ禍を塗って、気合いの入った舞台がたくさんあり、ぜひ、記録しておきたいなぁと思いつつ、まったくできておりません。
 なので、とりあえずタイトルだけでも並べておきましょう。あとからぼちぼち書きます。
 もちろんご本人(出演者)にメッセしたり、プロダクションにメールやアンケート出したものはあります。それもそのうち載せよう、、、てかたぶんここではなくFBにね。・・・ちなみに、行く予定で行けなかったコンサートも書いておきます(▼印)。

◎5月21日(金)の「レミゼラブル」初日 までは前のarticleに書いたかな。

◎5月23日(日)14:00  日本フィル 名曲コンサート (サントリーホール)

◎5月24日(月)15:30 「歪んだ真珠」トリオ (近江楽堂)

◎5月26日(水)19:00 N響特別演奏会(B) (サントリーホール)

▼5月28日(金)17:30 鷲宮美幸ピアノリサイタル (稲城市ホール)

◎5月29日(土)14:00 日本フィルハーモニー交響楽団定期 (サントリーホール)

◎5月30日(日)17:00 ミュージカル『ロミオとジュリエット』(日生劇場)

▼6月2日(水)19:00 ヴィオラスペース concert 2 (石橋メモリアルホール)

◎6月3日(木)13:30 ランチタイムコンサート:鈴木康浩 (銀座王子ホール)

◎6月4日(金)19:00 ARKクラシックス:モーツァルト (東京オペラシティ)

◎6月6日(日)15:00 サーリアホ オペラ (東京文化会館)

◎6月7日(月)14:00 とっておきアフタヌーン-日本フィル (サントリーホール)

◎6月8日(火)19:00 CMG/エルサレムQ (サントリーH ブルーローズ)

◎6月9日(水)19:00 ARKクラシックス:ベートーヴェン (サントリーホール)

▼6月10日(木)19:00 トリオリズル (トッパンホール)

▼6月11日(金)19:00 CMG/エルサレムQ (サントリーH ブルーローズ)

◎6月12日(土)14:00 日本フィル定期 (サントリーホール)

◎6月13日(日)14:00 スタイナートトリオ (HAKUJUホール)

◎6月14日(月)19:00 都響A定期 (東京文化会館)

◎6月16日(水)14:30 荒井結たちの弦楽八重奏コンサート (杉並公会堂)

◎6月18日(金)13:00 CMG/プレシャス2 渡辺玲子ほか (サントリーH ブルーローズ)

◼︎6月18日(金)16:45回 映画『閃光のハサウェイ』

◎6月19日(土)14:00 都響 プロムナード392 (サントリーホール)

◎6月19日(土)19:00 CMG/葵トリオ (サントリーH ブルーローズ)

◎6月22日(火)13:00 CMG/プレシャス3 工藤重典、辻彩奈、田原綾子、横坂源 (サントリーH ブルーローズ)

▼6月24日(木)19:00 CMG/キュッヒルQ (サントリーH ブルーローズ)

◎6月25日(金)14:00 CMG/カレイドスコープ 原田陽、新倉瞳、川口成彦 (サントリーH ブルーローズ)

◎6月25日(金)19:00 山響さくらんぼコンサート (東京オペラシティ)

▼6月27日(日)14:00 調布国際音楽祭 (調布たづくりホール 他)

▼6月27日(日)19:00 CMG/ヘーデンボルクトリオ2 (サントリーH ブルーローズ)

◎6月29日(火)19:00 読響定期 (サントリーホール)

◎6月30日(水)19:00 阪田知樹ピアノリサイタル「巡礼の旅・1」 (HAKUJUホール)

……このへんで一旦納めて、7月はまた。
よー行ったな。でも、キャンセルも結構あります。このほかにも。



posted by rain2009 at 15:42| Comment(0) | concert | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月28日

2021年5月後半のコンサート

 よく見たら1年ぐらい放置ですが、生きてます。
 COVID-19が流行りだしてからずいぶん生活が変わりましたが、青息吐息ながらも舞台芸術はがんばっています。まぁクラスター出してないしね。演じる側/演奏する側も、スタッフやホール・劇場も、客側も注意しているから、だと思います。

 せめて鑑賞レポートぐらい書こう。
 詳細は、後述しますが、まず今月後半。

 5月21日(金)17:00-20:15ごろ 帝国劇場『レ・ミゼラブル(Les Misérables)』プレビュー公演(初日)
  ⭐︎「熱」が素晴らしかった。演じる側はまぁまだこなれてないところもあったけれども、エポニーgood、
   コゼットはまぁなんて歌が上手い!抜群。コケティッシュな魅力もあって良かった。
   福井晶一バルジャンも良かったし、マリウスも良かったが、抜群に友人と私の耳目を弾いたのは
   アンジョルラスの小野寺さん。この人そのうちシャベールやバルジャン演ると思う。
  ⭐︎私のミュージカルな歌の先生が出てまして(マダムほか役のアンサンブル)、これまた素晴らしかったです。
 
 5月23日(日)14:00-16:00 サントリーホール 日本フィルハーモニー交響楽団 名曲コンサート
  /指揮:田中祐子

  ・ワーグナー:ジークフリート牧歌
  ・ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 神尾真由子
    ⭐︎アンコール/
  ・ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》

  ⭐︎ともかく神尾の存在感凄し! 演奏完璧!! 日本フィルの弦も素晴らしい(ジークフリート牧歌)。ホルンもいっぺんすごい。
 
 5月24日(月)15:30-17:30 近江楽堂 「ゆがんだ真珠」コンサート
  原田陽、佐藤芳明、新倉瞳によるJ・S・バッハ。ブランデンブルク協奏曲全曲など

 5月26日(水)19:00-21:00 NHK交響楽団B定期もどき
  /指揮:広上淳一、ヴァイオリン独奏/白井 圭(同団ゲストコンサートマスター)

  ・チャイコフスキー:アンダンテ・カンタービレ(弦楽合奏版)
  ・サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番
    ⭐︎アンコール/
  ・尾高淳忠(あつただ):交響曲〜時の彼方へ

 5月27日(木)19:00-21:00 東京オペラシティコンサートホール
 「コンポージアム 2021 パスカル:デュサパンの音楽」
  /指揮:杉山洋一 管弦楽/東京都交響楽団 チェロ独奏/横坂 源
  ・チェロ協奏曲《アウトスケイプ》(2015)日本初演
  ・弦楽四重奏曲第6番《ヒンターランド》
    〜弦楽四重奏とオーケストラのためのハパックス(2008-09)
  ・エクステンソ〜オーケストラのためのソロ第2番(1993-94)

あと5月29日に日本フィル定期予定、5月30日に日生劇場でミュージカル予定。
これでも2本、キャンセルしているのです。
posted by rain2009 at 12:12| Comment(0) | concert | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

2020年。2月になる前に

 皆様こんばんは。
 新年も、はやびゅびゅ〜っと過ぎ、もう来週は2月です。
 今日は小春日和というか、暖かった&お天気も良かったですね。

 ここのところ素晴らしい演奏、というのを続けて聴いている反面、足の怪我が治らずいくつかのコンサートはキャンセルしています。
 1日行くと1日休むという具合で、体調も良くないため、会社も、、、というか仕事が進まん! 新年になって、面白い話はたくさんあるし、いろいろな方にもお会いしたいのですが、新年の懇親会とかぜ〜んぶ欠席してしまいました。で、マイペースでスタートした今年です。

 昨年は10〜12月にかけていっぱい本を発行し、おかげさまでよく売れております。
 Amazon.って便利ですね、すぐにデータが出るから。最近思うのは、「必要な人に必要なものを」ということ。
 そうすればものって動いていくものなのだなぁと思うわけです。そのためのリサーチとか、勘とかはけっこう必要ですが。

 私が某ヤフー(<ちっとも某じゃない!)に居たころに、当時の社長が言いました(故・井上さん)。
小さい会社は、「ナンバー1になるのは大変だ。だったらオンリー1になれ」。。。これは伊東の座右の銘です。
 おかげさまで、現在、国内オンリー1の弦楽器雑誌としてなんとか食ってます。
 『航空情報』もね^、実際、こういう雑誌はほかにはなくて「オンリー1」なのですよ。でもまぁ「ファン」も「エアライン」も
同じものを扱っているといえばいえるのですが。。。オリジナル性はあると思うんだけどな。


 ともあれ、先週のN響B定期は、すごかったです。まぁ私はファビオ・ルイージを聴きに行って外したことはあまりないのですが。
それでも、N響の名人芸を聴かせてもらいましたし、ゲストコンマスのキュッヒル氏が《英雄の生涯》、、、というのに、なんでまろさんじゃないのよと思わないでもなかったのですが、これがまた素晴らしかった。格の違いといいますか、音の華やかさというか説得力というか音楽の「これだ感」といいますか。らっぱの職人芸というか、あんなに美しく上手いらっぱ、海外でもそうはないんじゃ? と思わせられたです。ともかくすごい演奏会でしたね。客席もそう感じ、とても素晴らしい空気の中で3曲を終えました。
 《最後の四つの歌》、、、いろいろ語りたいですが、ともかくこれもストレスのない歌手と音楽で。さすが!  体調悪かったのですが、無理して行って良かったほんと。(実は木曜会員なので、振替でRAの補助席だったんですが、場所も案外良かったのかも)

 そして続く芸術劇場でのフィルハーモニア管。モルクが来られなくなってサロネンの初演が聴けなくて超残念ですが、
庄司さやかがまたものすごいシベリウスを聴かせてくれてしまいまして。今回の特集「良い音を出す」を、まんま目の前で
リアルにやってくれたわけですから、いやぁ取材申し込んでおかなかったことを心底後悔しました。いま彼女、凄い!

 というので、力尽き、それ以降は体調不良で会社を休んだりもあって、他の人に振り替えたり、行けなかったりです。
 今週はもう月火水と3本キャンセルしてるし。残りの1本は是非、行きたいものですな。
posted by rain2009 at 21:11| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。