2019年11月30日

2019年11月/なぜかピアノの話。

1か月に一度は書こうと思っていたりもするが
本を出す方が忙しく、その間に3冊出ました。

とりあえず、「サラサーテ増刊号 チェロを始めよう!」が本日発売なので、
Amazon.とかサラサーテ公式FBとか見てください
(ウェッブの方は間に合ってない(>_<))。

    ・・・
これはまた会社からアップします。

さて、プライベートな方。

来年の5月30日(土)に、自分ちのオーケストラの室内楽コンサートが決まったので、
やおら焦って選曲、練習計画その他、わたわた。
組んだだけで、ちっとも練習していないピアノトリオ、
ヴァイオリン女史が、「やっぱり本番設定しないとダメっすよ」と言いだして
オケの運営が「じゃ、第2回室内楽会やろう!」とノリ、
「言い出しっぺが降りることは許さん!」と私の都合に合わせた日程になった、、、

そうして選曲。なによりも、「やっぱりピアノのレッスンにいかないとまずいんじゃね?>私」というわけで
仕事でお付き合いのある素晴らしい室内楽もされるピアニストの方々を頭に浮かべ
「だめだ、みんな遠い、、、」と悩みつつ、ある方に相談して、とりあえずレッスンに行くことに。

体力がないので、休みの日に早起きして遠くまで通う、となると
続かない可能性大。オーケストラが続いているのが不思議なぐらい、
過去、何回もオケもレッスンもその他もろもろもやめてしまっていた。
ふだんはハイパワーで生きているので、どっと来ると動けなくなってしまう。
この木金土もそんな感じで、明日の今季オケ初日の日曜日にそなえて(?)パワー充電。。。
なわけなく。とりあえず動けなかったのだった。

ピアノのレッスンは、お電話で先生とご相談して、来週一度、お伺いすることに。
電話でご相談したところ、
 ・ショパンのエチュード2曲
 ・ドビュッシーの「ベルガマスク組曲」のまずはプレリュード
を持っていくことに。

つまり、弾ける曲がな〜〜んもないんです、先生、というお話をしました。
芝居で半年弾いていたといっても、「ブロードウェイな伴奏ピアノな曲」だし、
まじめに弾いたといえば、室内楽曲やら伴奏ばっかしで。
ソロの曲って、お聞かせできるものはなにもない、、、チェルニー50番でいかがっしょ、
というお話をしたら、ショパンにしましょうということになり。
しかしこれも、あっちをちょろちょろ、こっちをちょろちょろ、指慣らしにしか弾いてなくて
1曲まるっと弾ける曲、無いす。

ま、とりあえずは、楽譜揃えるだけで楽しいって、やっぱりいいですねぇ。

ヴァイオリンのレッスンにも行きたいんですが
(バッハの無伴奏、1番の3曲目で止まったまま、先へ進めないワタクシでございます。
 こっちは「弾けません」じゃすみませんので、ちゃんとやんないとなんだけど
 ミュージカルが忙しい)。
とりあえず、来季半年は学校のクラスは休んで(レッスンは行くけど)
少しクラシックにがりがり&自分の執筆活動に取り組もうと、思っているわけですが
ちょっと遅かったなぁ、今季のクラス、出演しなきゃよかったと半分は思いつつ
作品がいいのよ、しかも新作なのよ、で、捨てがたく。。。

体力をつけるにはミュージカルはとてもよいです。
踊っていればうさも晴れるし。体幹も鍛えられます。

ということで、今日はこれからお仕事です。

管理人
posted by rain2009 at 14:57| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。