2017年02月14日

“JASRAC vs 音楽教室”みたいに報道されてるけど・・・?

 民間運営の音楽教室に、著作権使用料を徴収する、という話が連日、テレビの(何故か)ワイドショーまでにぎわしている。
 我々にとっては音楽著作権とかJASRACというのは、とても身近な存在だし、日々、生活したり仕事したりする上で、切っても切れない。もちろん年間にわたり、とってもたくさん“使用料”は払っているし(楽譜買ったり、演奏したりしてますからね)、逆に周りではその恩恵に預かっている人もたくさんいる。

 報道とか見ていると、「ちゃんと話を聞いたのかな?」というストーリーもあるように思う・・・というのが率直な感想なので、業界誌として、また現場を知っている人間としても、「ここはいっちょう、きちんと話を聞いてみようやないか」と思ったとしても不思議ではなかろう。
 ということで、【音楽教育を守る会】と、【JASRAC(音楽著作権協会)】。両方に取材をして、3月2日売りの『サラサーテ75号(2017年4月号)』に記事、掲載します(取材は終わったよ♪)。その頃までに、また事態は少し動いているかもしれないけれども、“現時点では、お互い、こう考えていて、こうなっている”というのが、きちんとお伝えできたらいいなと思う。
 まだ何も決着していない、決まっていない。かといって話し合いは穏やかに続いている、ということだけは伝えておこうと思う。とはいえ、主張が平行線なのは確かだし、いたしかたないよね。立脚点が違うんだから。・・・さて、がんばって記事書こう。
posted by rain2009 at 18:33| Comment(0) | article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。