2017年02月11日

演奏会のマナー(聴く、弾く、見る)

 昨日のアーティクルの中で、指揮者のblogにリンクしたわけですが、その中に、「第40番の出だしの前に、客席で鈴が鳴ったのが残念」とありました。
 これについては私も常々、自分が客の立場でイラっとくることがあります・・・というのを書いてみたいかな。

 私はわりあい、街中やらで騒がしいのとかいろんなことは平気ですが、飲み屋での“コントロールされていない莫迦デカい声”と、“演奏会真っ最中のある種の雑音”には、ものすごく気難しいと思います。
 前者は、注意こそしませんが、本気で顔をしかめたくなるし(ちなみに、コントロールされていない声の出し方、というのが基本的に好きではありません。耳、悪いんじゃないの!?=無神経だから)。
 後者については、最近、「ビニールや飴の包装をガサガサさせる音」「プログラムに挟んだ歌詞カードをめくる音」などについてアナウンスされるようにもなりましたね。実は、一方で、これもどうかと感じています。歌詞カードやプログラムをめくる音は言えば気づくかもしれませんが、携帯電話の着信音やスイッチ切りなどは、直前のホールスタッフによるご案内やアナウンスの方がむしろうるさい。実際は、「気づく人は言われなくても気づいているし、本当に言わなければわからない人は言ってもわからない(=自分のことだとは思わない)ので、やるだけ無駄」という考え方もあるのです。そう判断して、このアナウンスを一切やめてしまったホールを知っていますが、そこは大変環境がよろしくなったというお話ですはい。

 さて、鈴です。
 演奏が始まった途端、チラシやプログラムをばさばさしはじめる人は、どうなんでしょう? 結構、見かけます。演奏している間はやめてほしいんですけどね。ppになった途端、がさがさする人。fまで待てないんでしょうか? 要するに、日常とは違う空間・神経の使い方をする場所に来てるのだから、TPOを考えてね、あとはリラックスして【聴くこと】を楽しんでほしい、、、というだけのことなのですが。
 まぁせき込むとか飴を出したいとか、わかります。私自身は、「小さいタオルと飴」は演奏前に用意するので(本当はペットボトルも置いておきたいくらいですが、コンサートホールでは禁止なので仕方なく)、あとから気づくのって、どうよ。・・でも確かに間に合わないことはありますので、百歩譲って良しとしましょう。ですが、鈴はいけません(個人的意見)。
 何故、かといいますと。

 音楽=音で語る を聴きにくるのに、何故、音を出すものをつけてくるのでしょう?

 楽器は別として。いまや携帯電話やスマートフォンなどは別として(音を出さないようにするために、注意を向けなければならないというのは共通認識になっていますね)、鈴。昔、学校時代に担任の先生が「ネコじゃないんだから、人間が鈴を付けるなよ」と仰いましたが、「静かに【皆がそれぞれ】音楽を楽しむ空間」で、余計な音を立てるものをなんで付けて来ないといけないんでしょうね?
 どうしてもつけたいなら、その時間は外して財布の中に入れておくとか、例えばお財布に付けている鈴なら、口をあけて中にはさみ込めば鳴らないんです。若い頃、そうやってたことありました。

 要するに、気遣い、だと思うんですよね。
 緊張したppの時に、「これから始まる」ときや、「G.P.(ゲネラルパウゼ)」や、「静かに息絶えて終わる」ところで鳴らすなよー。・・・演奏者にとっては、“殺意を覚えます (c) 某プロ奏者”ですわほんと。

                  ・・・
 演奏会のマナーって、簡単だと思います。「他人に不快を与えないこと、自分も楽しむこと」
 まぁこれが時々、行き違うこともあって、それはまぁ「仕方ないなぁ」と思うこともありますが(がっかりするけどね)。
 拍手のタイミングにしても、音を出さなきゃいけないにしても、周りを見て舞台を聴けば、「どこなら迷惑にならないか」ってわかると思うんですよねぇ。それでも「うっかり」ということもあるのだから、それをとがめる人は、あんまり居ないと思います。(うっかりぶつかってガタっとやっちゃったとか・・・キモ冷えますけど、しゃぁないかーと思いますもん)
 想像力というのは創造力だと誰かが言いましたが、「やる」ことより「やらないこと」を伝える方が難しい。考えてみれば100人もの人が舞台の上に居て、2,000人もの人が客席にいて、静謐と創造を共に楽しむわけです。・・・大人な空間であり、それが文化ってものだろうなと思うのでした。
posted by rain2009 at 18:15| Comment(0) | play | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。