2016年12月24日

12月の編集部/11月の記録

 12月の編集部は27日までで年内おしまいです。
 お隣の「航空情報」誌とは進行が違うので、業務・サラサーテ・航空情報と、ズレズレな日程になってしまいました。かなり変則的ですが、弊誌は年末年始はお休みします。・・でもどうせ、各人、ジルベスター行ったりニューイヤー行ったりしてますから、東京にいればなんだかんだと演奏会場で会うでしょう。
 ちなみに、編集部は編集長以外全員が”関東人”なのです。そういう職場にいたことがないので、なかなか劣勢でいぢめられています(笑)。それに、「帰省」しなきゃいけないフルサトが遠いのも、私ともう一人、秋田のムスメだけです。地元というか、少し離れた都下というか。近くていいすよね。
 ということで、なんかコンサートとかにはやたらと行くのでした。
 12月20日に校了し、雑誌が刷り上がってくるのを待っているタイミングです。週明けは発送作業。店頭には29日、定期購読や取材先など皆様のお手元には28か29日にはお届けできると思います。

 先月も書かなかったなー、というので振り返ってみましょう。
 書きたいことやお伝えしたいことが「山」とあった11月でしたが、毎日、帰ると疲れてコト、と「落ち」てしまい、次の日になるとまた上書きされている、、、というのが続きました。
 素晴らしい演奏会も多かったし。
 「ことし一番だっ!」というものもありました。・・・しかしもう、「何を聴いたか」すら順を辿らないと思い出せません。

⚫︎11月4日(金)〜6日(日) 科学技術館:終日
  例年より遅い弦楽器フェアです。ブースを出し、新刊の販売とか、会場内の取材とか、ご無沙汰している方へのご挨拶とか。取材の仕込みもしちゃった(笑)今回、「弓」だったもので。
  演奏は、牧野葵美さん(ヴィオラ)と、川畠成道さん(ヴァイオリン)を聴きました。お二人とも、楽器や作り手さんへの愛情たっぷりにそれを生かした演奏をされ、さらに演奏会としても完成度が高く素晴らしかったです。
20161104_弦楽器フェア_牧野cs.jpg
(↑サラサーテブースへ訪ねてらした牧野葵美さん)→記事詳細は Vol.74へ

⚫︎11月9日(水)白寿ホール チェロ・コレクション
  長谷川陽子さん&向山佳絵子さんによるチェロの醍醐味を味わうコンサート。今年はオンドマルトノの原田節(たかし)さんがゲストで、新作初演もあり。原田さん、相変わらず音楽も人も素敵です♪

⚫︎11月13日(日)六本木CLIPS The Rain Dog & Catsのライヴ
  この前後の週は、実はライヴが続いて楽しかったのですが、インストライヴもたまにはいいなー。
  74号にも登場している仙台フィル・コンサートマスターの西本幸弘くんと学生時代からのコントラバス、ピアノの3人による演奏。いやレベル高いっす。Cbの高杉健人さんは、以前「ブラック・バス・クインテット」を「低音ジャーナル」で取材したことありでした。皆、いろんな活動してらっしゃるね。
(↓お3方を激写、パチリ。しっかりファンも付いておられて、楽しい会でした♪)
20161113_byClips_cs.jpg

⭐︎11月14日から16日は、韓国へ行ったので、十分間に合う時間だったにもかかわらず16日と17日のステージはキャンセル。お金もったいなかったなー(;_;)

⚫︎11月18日(金)東京文化(小) 井上鑑(あきら)さんの回
  頼豊門下生6人のチェロとピアノや歌による鑑さんの曲の演奏。なかなか面白く素晴らしかった。
  ちなみに、苅田先生や古川展生さん、長谷川陽子さんらが出ておられました。

⚫︎11月22日(火)紀尾井ホール 三浦文彰ヴァイオリンリサイタル(ピアノ:田村響)
  う〜ん、、お客さんの層が、普通のコンサートとだいぶん違うような・・・幅広くていいすね。
 皆さんとおなじように初演の「真田丸組曲」が目当てでしたが、良かった〜。
 もちろん古典派の曲はさらに洗練されてすばらしくて、いいですねーこう真っ当に真っ直ぐな演奏。
 あとで楽屋にうかがったら、「弾きすぎ〜」って手をぶらぶらさせてましたが、確かに後半、超絶技巧を聴かせる曲が多くて、たいへんだよ。でも彼はとても合理的な演奏法を身に付けてるから傷めるとかはないと思うけれど、もう少し緩急あってもよかったかなとは思ったりもする。

⚫︎11月23日(水祝)サントリー シュターツカペレ・ドレスデン
 良かったよ〜〜。特にシンフォニーは抜群。別の日だけどレポートが記事に出るので(書いたのは別の編集部員だが、感想かぶるところも多いので)、別掲。
⚫︎11月29日(火)東京文化(大) ドイツカンマーフィル+樫本大進
 絶品の一言で、シューマンすごい! ヴァイオリンコンチェルトもなんというか、、、ここまで進化するのだという世界を作り出してくれた。土曜日にブラームス2曲プロを横浜から所沢までわざわざ聴きに行った友人が、「もう4番で出しでバー、と涙!」と絶賛していたから、あぁ所沢も行けばよかった、とか思ったけれども、この演奏会も素晴らしかったです。アンコールの目の輝き方が、やっぱりそれだよね、て感じ。
⚫︎11月30日(水)紀尾井 服部百音ヴァイオリンリサイタル

・・・仕事と体力のせめぎ合いで、行けなかったコンサートも死屍累々(チケット持ってたのにね)。
 読売日本交響楽団定期、日本フィル定期、ミュージカル『マーダーバラッド』、キュッヒルさんのリサイタル、カメラータ・ウィーン、都響定期、今井信子さんリサイタル(順不同)。
 12月はまた面白いのが続いたのですが、入稿とかあってあまり行けてないですが、項を改めて書いてみます。
posted by rain2009 at 10:57| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。