2016年03月10日

3月はバッハで始まる・2

 さて、3月5日(土)17時。浜離宮朝日ホールにチェリスト・長谷川陽子さんの「バッハへの旅」を聴きに行ってまいりました。
 とてもとても満員のお客様。・・・彼女のお客さんの特徴でもあるのですが、好事家から普通の方から専門家から一般のお客様まで、幅が広い。会場の雰囲気も期待に満ちていて、個人的な事情(慣れない路線で用事先から来たために乗り換えを間違えた!)でアタフタしていたにもかかわらず、ほっこりした気持ちになれました。

 さて第1番から順番に演奏していく、、、というのは記事にも書きましたように、たいへんな気力労力が必要です。でも逆にいえば、チェリストの方々にとって「J・S・バッハの無伴奏組曲第1番」というのは、もはや「体に入っている音楽」であることが当然の曲。“聴くだけ”の私ですら、暗譜しちゃってくるくらいですから(鼻歌うたえる程度には・笑)。
 ということで第1番「プレリュード」から始まりました演奏会。すぐに入り込んでいく集中力で、自然に“長谷川陽子のバッハの世界”へ(^_^) いやぁこのプレリュードは楽しかった。本当に呼吸するように弾かれるので、プロってすごいなぁと思います。それに、あまりにもいろんな方の《プレリュード》聴いてますから。ほとんどの音楽関係者はそうだと思うけれど、これだけのシンプルな曲の中に、どれだけ“その人”が出るのかと思うと、オソロシイ気もしますよね。
 そして緩急、第1番が進んでいき、なかなか聴く機会の個人的には少ない第2番、そして休憩。
 2曲ずつ2回の休憩。全曲演奏会の時はわりとこれが普通の感じです。そして第3番。これまたメジャーな曲。意外に男らしい(?)出だしで一気に行きます。そりゃ素敵でしたが、次の第4番がその日の演奏会の中で個人的には最も印象深かった。他の曲に比べ、演奏機会が少なかったので、この1年、敢えて弾くようにしている、と仰っていた曲でもあるのですが、そんなそぶりはまったく聞こえない。緻密に作り上げてきた現在と、慣れて身体に入ってきて、のせめぎあう時期といいますか、ものすごい集中力とリラックスで、「あぁいい曲だなぁ」としみじみと感じさせてくれたのでした。
 それにこの頃から、楽器の鳴りが変わってきました。これは後ろに行くほど、そうで、いろいろな音や弦の、様々な表情を本当に細かく考えておられるんだろうなと思い、だけどそれがごく自然に、ゆったりと出てくるところがやっぱりベテランの味だなと思い。。。若い人だとこうはいかない。素晴らしくエッジの立った演奏というのもあるのですが、なんだかじんわりしてきたのでした。

 休憩時間に聴きに来てた新倉瞳さん発見! 一緒にお茶していろいろ話しました。翌週(3/11)は東京チェロアンサンブルでしたよね。陽子さんのことをとても尊敬していることが伝わってきて、瞳さんのバッハも聴きたいなぁなんて話したところです。

 さて最終ラウンド。
 通常のチェロ1本で演奏する、というので響きの作り方にたくさん工夫をされたんだろうなと思いながらも、いやもう長谷川さんのすごいところって、内心はどう思ってらっしゃるにしても余裕たっぷりに見えるところ。音楽もけっして緊張して聴かせるようなものではなく、なんだか楽しくなるバッハ。弾いてる方が命削って弾いてらっしゃるのでしょうけど、どうしてなんでしょうね。・・・私、音楽の本質ってそんなことなんじゃないかと感じています。
 5番も6番も、なんだか尻上がりに素晴らしくて、終わった時にはなんだか体調も回復していたような。不思議な感じの演奏会でした。

はせがわようこcs.jpg
 楽屋をお訪ねしてチェロと共に。少しお疲れモード(当たり前)でしょうか。素敵な演奏会でした。

にいくら-はせがわcs.jpg
 興奮気味の新倉瞳さんと、長谷川さん。このあとはサイン会でした。

 良い1日でした♪
posted by rain2009 at 20:18| Comment(0) | concert | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。