2016年01月22日

1月のコンサート・その4/N響定期♪ (1/21)

 NHK交響楽団の定期演奏会に行きました。オーケストラのコンサートは久しぶりで、やっぱり楽しい。いくつかのオーケストラの定期会員になっているのですが、このB定期はチケットが取りにくいのと完売公演が多いので、かなりメリットがあります(A・C定期は、行きたい時に買っています)。

 今週1月20日(水)・21日(木)はBでして、ロシアン・プログラム。ロシア人の指揮者とソリストによるプログラムで、ゲニューシャスのラフマニノフかぁ、これ聴きたいなという思いもあって行ったわけです。
20160121_N響.jpg
 N響のB定期は買えない人も多く、定期会員は「なるべく行くように」という通知をもらったことがある。気持ちはわかるけど、お客さんに対してこの通知はどうでしょうね、と思い、怒ったり文句を言ったりしたけれども、完売なのに席が空いてる(TVで見ればわかってしまうわけで)というのが「聴けなかった」方には悔しいというのもわからないではないですよね。しかしチケットの配券というのはいろいろ技があって、もちろんお客様第一ではあるのですが、チケットで収入のほとんどを賄わなければならない日本の演奏家団体はとても大変でもあったりするのです、、、と話が逸れた。案の定、この日は完売公演。私もワクワクと出かけました。

 グリンカの《ルスランとリュドミラ》で始まる。こういう曲はN響さん得意だよなぁと思ってわくわくしていると、本気で凄かった。ともかく技術が抜群でないとおもしろくない曲だけに、ぴたぴたと決まる音程・和音、つん、と上へ抜ける弦楽器の音色、管・打楽器の名人芸とかやっぱりすごい・・・というか口あんぐり。気持ち良いって感じだ。皆さん楽しそうに弾いておられるし(もちろんN響さんなので、ニコニコ笑ってるという意味ではないです)。本当に気持ち良く響き渡る感じでした。
 続いてのゲニューシャスのソロによるラフマニノフの第2番。俗、といわれようがなんだろうが、私は実はこの曲が大好きで、若いころソロにTryしてみたりしましたねぇ(第三楽章は弾ける気がしなかったさ)。今は、一度でいいからアマオケで弾いてみたいですねぇ、やる機会ないかしら。
 は。いやプロの演奏というのはすごいものです。ゲニューシャスはどちらかというとオーソドックスな演奏をするプレイヤーだと思うのですが、体も大きいし、テクニックは抜群。これでなぜチャイコフスキー国際コンクールの本選では2位で、あんな演奏だったんだろう?(プレッシャーかな)という感じで。オケも楽しそうに共演しているし、もう持って行かれる感じでした。

 さて《白鳥の湖》。これも通俗名曲ですが、大好き!!! な曲です。
 何を隠そう、私がヴァイオリンを弾きたい、と思ったのは、子どものころから、この曲のメインテーマの弦楽器の部分(テーマはオーボエだけど)が弾きたかったからなのです。。。というくらい好き。
 加えてバレエも大好きなので、まぁ《白鳥》は曲を聴くと演奏より舞台が目の前に広がってしまう。組曲の曲順が違和感がどうしてもあるのは仕方ないですが、組曲は組曲として素晴らしいですね。
 好きなフレーズはたくさんあるのですが、聞きどころは、ハープの伴奏によるコンサートマスターのヴァイオリンソロ。そこに途中からチェロソロがかぶってきてトリオになるシーンの掛け合い。ここはバレエ的にもぐっと盛り上がるところで、オデットと王子の最も美しいシーンの一つですね(オデット役の力量が図られる)。
 ヴァイオリンの篠崎さん、ハープの早川りさこさん、チェロの藤森さん。いやもうブラボーでした。愛のデュエットというよりも、なんかこう赤々と燃え上がるなんかの炎みたいでしたが(笑)でも、信頼感とか伝わってきて。早川さんのハープはワタクシもう大好きでして、このお三方で聴けて涙うるうるものでした。
 オーボエもフルートもブラボーだったし、ヴィオラのパートソロも素敵だったなぁ。こういう曲をN響さんが得意というのは意外でもあり(もっと難しい大曲とかの方がお得意な気がしていたのです)、指揮者の力量もあったのでしょうか?

 ともあれ、幸せな気分で帰路につきました。♪(褒めてばっかりだな〜)
posted by rain2009 at 11:26| Comment(0) | report_記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。