2015年05月13日

ネットで見つけた大阪の4楽団についての記事

 私は関西出身なので、大阪の動向は常に気になっているわけですが、
 産経webに本日(5.12)以下のような記事が載っていました。
 (いつまで公開かは不明なので、概略を言うと)
 橋下構想のもとで、「大阪の4つのオーケストラは1つでよいのではないか」
 とされ、それに対して、各オーケストラに責任のある4人の指揮者が議論するというものです。

大阪に4つもオケは必要か?

 大阪交響楽団次期ミュージック・アドバイザー/外山雄三
 大阪フィルハーモニー交響楽団首席指揮者/井上道義
 関西フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者/藤岡幸夫
 日本センチュリー交響楽団首席指揮者/飯森範親

 4月22日にフェスティヴァルホールで、4楽団が一堂に集まり、20分ずつ演奏するという画期的な演奏会が行われました。・・・実はこれ、聴きに行きたかったのですねぇ。
 この4楽団は、もちろん東京の9楽団もそうですが、それぞれ出来た経緯も歴史も、出自も異なります。しばらくまとめては聴いてないので、聴きたいなぁ。とか思うわけです。
 その翌日行われた座談会のようでした。

 興味深い記事でした。・・・どこかで聞いたような理論だなと思いますと、以前に自動車メーカーの仕事をしていた時にもよく出た話でしたね、、、メーカー系列って統合したら、って。まぁそれは80年代の話ですが。銀行のようにはいきません、それぞれの違いがございまして。



 ちなみに、こういう記事↓もございました。

 ベルリン・フィル 時期音楽監督、団員投票で決まらなかった、、、らしいです。

 こういう動向が気になって、“夜も眠れなかった”時代もあったそうな昔・若者もいるようですが、確かに気になりますねェ。あとは6月に再度行われるウィーン・フィルの時期コンサートマスター・オーディションでしょうか。
【関連する記事】
posted by rain2009 at 15:39| Comment(0) | news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。