2014年11月12日

11月は芸術の秋

 タイトル、なんか変な日本語ですみません。

 現在、弦楽器雑誌「サラサーテ」の年末発売号製作中です。
 ところが、いつもと異なり、取材のアポイントがなかなか入らない! 皆さん、「芸術の秋」で、ご本業(リサイタルとかツアーとかオーケストラとか)で、忙しすぎる模様なのです。。。ひゃー。

 このままだと、また押せ押せになっちゃうよー(;_;)
 という中、着々と連載ものについては進んでおります。

 先日、来社された東京フィル首席チェロ奏者・黒川正三氏。本誌とお付き合いいただいてずいぶんになり、連載もテンションが上がってきて好調です。
 この日は、「チェロ特集」のための連載特別講座。サン=サーンス:『動物の謝肉祭』から《白鳥》。

 何回か弾いていただくシーンがあったのですが、その音にびっくり! 他の部屋で聞いていた別のスタッフも驚くくらいの素晴らしさ。……記事に関係ない部分で書いてしまうと、これは本編の中でもチェロソロであるだけでなく、バレエ「瀕死の白鳥」がこれに乗って踊られることでも有名ですよね。(知らない人も多いかもしれない)……東京フィルは、ご存じのように、新国立劇場というもう一つの職場を持っていまして、オペラとバレエを演奏する楽団です。この日もその後、新国立でバレエ『眠れる森の美女』(チャイコフスキー)。その後、用事が無かったら観に行きたかったですね(*^_^*)★

 さて、内容は記事を見ていただくとして(>「サラサーテvol.62」12/29発行予定)、バレエに関しては超・ミーハーな私としては、「プリセツカヤの伴奏をした」という話だけですでに舞い上がり状態。著名なバレリーナの伴奏もかなりされたとか。
 瀕死…の時は、チェリストはステージ上に上がり、バレリーナと共に場面を作るのだとか。その場合の伴奏はピアノではなく必ずハープ。スポットライトのそこだけ当たった中、真っ暗な中で前奏が始まります。舞台の前方位置を示す赤い点だけが、ぽつりと見える中、バレリーナが幻想的に浮かび上がり、音楽が始まる。わずか2分半のドラマですが、踊り手によってチェリストの関わり方も(自身が動くわけではないのですが)変わってくるとかで、とても面白く、そういったエピソードを聞きました。
 プリセツカヤは、チェロの回りを回るように、滑るように踊ったそうです。

HrKurokawa_8984.jpg

 ジョルジュ・ドンがこれを踊った時のエピソードなども話していただきました。……記事は、現在発売中の「サラサーテ」第62号、チェロ特集。「やっぱりチェロが好き♪」に掲載中です。

 それでは、また。(^_^)♪
posted by rain2009 at 14:22| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。