2014年10月27日

10月の不思議なオシゴト

 10月は超・多忙のうちに過ぎました。
 9月の最後1週間、社長がフィレンツェ〜クレモナ出張で、留守だったためもあります。結構、やること満載で、私も行かなくてよかったわい。しかし、クレモナ方面(モンドムジカ2014)では、「いつもの女史はどうした?」と外人ご一同様に言っていただけたそうで、とても嬉しかったです(^_^)♪

 さて10月は、前半は入稿月ですが、10月19日にひとつイベントがありまして、ケツカッチンというやつ。
 その準備のため、もございまして、10月1日は、横浜アリーナへ!(何の脈絡も、、、あります)。はい、X JAPANの3年ぶりライヴでした。15,000人の入る箱が×2日間。これが一瞬で完売する、という、クラシック業界からすれば「ほぇぇ〜」の勢い。それでも社内の人間と3人で出かけ、ライヴ(って何年ぶりだ?)を堪能してきました。
 立ってペンライトも振ったし、「We are "X"!」とかもやったし。うふふ、でございます。

 閉ざされた私のFACE BOOKには(笑)書きましたが、実は、その前の9月24日、こちらのギタリスト・コンポーザー・ヴァイオリニストであるSUGIZOさんのコンピレーションアルバムが発売されました。
 これのライナーノーツを仰せつかりまして、CDの中の文章はワタクシが書いております。
 はいはい。LUNA SEA/X JAPANといえば、ロック界をリードする大バンド。そこのお方ですって。すごい。
 オシゴト自体は8月の半ばの仕事でしたが、これもまた入稿と重なって、たぁいへんだったりしました。出来は、いかがでしょう。文章の良し悪しは置いておいて、SUGIZOさんの"物語"として面白く読んでいただけたのでは、ということと、やりたいこと・・・の一部でも適ったのではないかと思っています。
 こういう機会を与えていただいたSUGIZOさんと、日本コロムビアのYディレクターには感謝ですね。

 さてそして。初期ロットのお客様向け特別イベントとして、抽選で60名様限定! 10月19日(日)に、日本コロムビア本社の会議室にて、トークショーなど行われました。なんと、ワタクシがSUGIZOさんに公開インタビューする、という形式でございます。……見かけによらず、人前に出るのは(演奏・舞台以外では)絶対に、イヤというワタクシですので、特にしゃべるのなんて論外! と最初はお断りしたのですが、いろいろな事情でそうもいかず、、、(どうやらライナーノーツを書いたりプログラムノート書いた人が、トークイベントやら司会をするのは、CD業界では普通のことのようです。これもギャラのうちなのかしらん(^_^;))。
 ということで、入稿中もなんだかなーと落ち着かないまま、当日を迎え。。なんとかなった模様。

 1時間少し、といわれていたんですが、打ち合わせ台本にはしっかり1時間半刻まれています。SUGIZOさんは、だいたいお話好きで(人前でしゃべるのはニガテと仰ってますが)、サービス精神旺盛ですので、きっと延びてもいいんだろうな、と気軽に話し始めましたが。。。きっぱり1時間40分くらいでした。
 途中、1時間経過したところで、ハタッと2人とも集中力が切れる瞬間があって、、、ちょうど「火の鳥」のバレエを観るシーンでしたので、まぁ何とか持ち直しましたが。おほほ。

 事務所からご提供いただいた、許諾済のお写真です。複写禁止ですわよ。
 20141019_m.jpg
posted by rain2009 at 18:55| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。