2010年02月24日

「のだめカンタービレ」の記事

 ずぼらこいてるうちにひと月が経とうとしています。ご報告してなかったけれど、『アニメージュ Original Vol.6』は予定どおり1月30日に出まして、そこで「のだめカンタービレ」についてのモノクロ記事2ページ書きました。

 情報量、多いですよね。
 最初、ゲラが上がってきた時は、デザイナーさん、すげ〜と思いました。読みたい誌面づくり、といいますか。見やすくて、しかもぎっちり詰まっております。まぁ字は細かいけど。。。いいとして(笑)。

 けっこういっぱい取材をしたわけですが。今千秋監督はじめ、作曲家・松谷卓さん。あとは電話で都響の某氏とちょこっと話をし、日本オーケストラ連盟を訪ねて理事の加納氏にもインタビューいたしました。本当は指揮者の梅田さんとか範親氏にも話を聞ければ面白かったのですが、記事には入らないだろうし。結局、メインはEPICさんだったのですが、このご担当者様との出会いはなかなか素敵でした。
 アニメの方を覗くようになって、つくづく思うのですが、アニメというのは本当に“チームの仕事”なのですよねぇ。…いやまぁほかの業界でも同じなんですが、特に本当に強くそう思います。

 ということで、よろしければ買ってくださいね(^.^)
 本誌みたいには部数が出ていないので、アマゾンかネットか、書店だと注文していただくか。。。

 『アニメージュ オリジナル Vol.6』TVアニメノミライ ほか
 p.94-95 のだめカンタービレ フィナーレ
  「のだめとクラシック音楽の濃密な関係」

 です。

 そういえば、正月映画で実写は盛り上がりまくりましたが、結局見られなかった(;_;)。後篇の頃に放送してくれないだろうか。。。まわりは皆、観に行ったひとびとばかりです。

 しかし世間は「のだめ」より浅田真央でしょう。オリンピック、フィギュア女子シングル・フリー。さてどうなる!? でも、同い歳の世界的ライバルが居る、しかも同じ東洋の隣の国に。それって凄いことだなと思いますね。どっちも頑張れ!
posted by rain2009 at 19:47| Comment(0) | magazine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。