2016年07月15日

雨模様、代々木公園あたり。

 奇数月のこの時期は、取材やらなんやらでバタバタしています。最近は、編集部員も”営業”もしているので、席にいるあいだはまだ”原稿を書く”モードではありません。資料を集めたり、電話をしたり、打ち合わせに行ったり、仕込みの取材に回ったり、、、コンサートが多いのもこの時期です(というか、さすがに身体がもたないとか動きがとれないということもあり、入稿時期の演奏会はお断りする/諦める ほかないのですね。
 個人の趣味やプライヴェートも、それぞれ合間を縫って何かやってないと、ツマンナイ人間になるかなとも思います。ツマンナイ人間が面白い本を作れるとも思えないので、わりとウチは、そのあたり自由だと思います、、、てか、そのくらいしかできることないですしね。

 個人的には、「夏は仕事なんかしたくないよー」というのが本音。演奏するのはいいんです。演奏会聴くのも音楽祭行くのもいいんです。暑くてもへーきです。・・・でもね。本来”夏休み”というのは休むためにある。特に、年々夏が暑くなっていく日本では、亜熱帯的対応が必要なんじゃん? と思ってみたりもします。身体がキツいですよね。
 音楽大学は現在、試験期間中のところが多いので、先生をやってらっしゃる方々も多い演奏家の方々は、いつもとは違う大変な時期。それが終わると音楽祭やらツアーやら、夏のコンサートやらにお出かけになります。

 「サラサーテ」は隔月刊ですが、あんまりしんどいので、冗談で合併号にしようといったら課員に笑われました。「月刊誌ならいいけど、隔月で合併号って。。。」あり得ません。はい。冗談です。
 夏休みがほしー。

 夏の音楽祭もあちこち行きたいわけですが、ヨーロッパもアメリカも遠いしお金がないし(;_;)
 でも国内にも素敵な国際音楽祭がいっぱいあるので、前号・今号・次号に向け、いろいろレポートしていきます。

・ ・ ・

 さて今朝は、朝から取材直行で某ホールの近くに来ているのですが、1時間ほど早く来たので、近くの喫茶店でオシゴト。今週、あまり会社にいられなかったのと、今日は夕方からまた出てしまうので、仕方なく移動オフィスです。・・・事務的仕事が溜まる。電話もかけないとー。

 ともあれ、このあたりはなかなか素敵な環境。着いた時間には出勤第二弾の人混みで賑わう駅を眺めるのも、なかなか好きです。

 とはいえ、パソコンとカメラとフラッシュを持って歩くのは重いですね、また腰が悪くなっちゃうかな。
 三連休、皆様お楽しみください。・・・ワタクシは先生たちや関係者ご出演の観劇3本、オーケストラの練習、あとピアノの練習とオシゴト。あとはピアノの練習(<どれくらいぶりや?)。・・何故「ピアノの練習」なのかはそのうち。
 ヴァイオリンソナタとチェロソナタなどさらっております(ピアノパート)。
 「今年は室内楽をやるぞ」が念頭の目標でしたが、はてさてできるのかどうか?
posted by rain2009 at 10:33| Comment(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月09日

サラサーテ71号、発売中です。

 記事が前のままになっていてすみません。
 お陰様でご好評をいただいた「江藤俊哉特集」でしたが、7月2日に次の号が出ました。
表紙は大人気で実力派の宮田大(チェリスト)。インタビュー記事もあります。
 特集は「ヴィオラ」と「ヴィブラート」で、今回も人気・実力共に抜群のアーティストの皆々様にご登場いただいて、いろいろ語ったり教えたりしていただいています。

 書店や楽器店でお手に取ってごらんくださいね♪
71_cover_cs.jpg


posted by rain2009 at 19:16| Comment(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

ブルックナーの第9番

 6月の末週から、オーケストラの夏期シーズンが始まりました。本番は8月20日(土)。ちょうど校了の合間を縫って(終わってるといいなー)という日程です。

 今回はシューベルトの《未完成》とブルックナーの第9番で、ワタシ的に「絶対、これやったら出る!」という曲ではないのですが(まぁわりとヘンな曲が好きなので)、前回、気合の入っていたショーソンの交響曲に、仕事の多忙と体調不良で出られなかったこともあり、2回続けて降りるのはどうかと思い、ともあれ参加。

 私のオーケストラ経験は「大人から始めた」(つまり学オケを経験していない)ということを考えても、それなりに長くなってきました。締め切り前になると出られない→それが続く/または体調を崩す→退団 を繰り返しつつも、生温く見守っていただけるメンバーの皆さまと知り合うとそこでしばらく弾かせていただく、という感じでなんとか続けて参りました。
 この間、やめたアマチュアオーケストラはその意味では本当に長かったのですが、やはり平日夜が、現状の職責のままですと無理があり、断念。現在はこれだけです。あとはイベントオケが2つですが、こちらは出られるのかどうか。

・・・

 オケの性質かもしれませんが、15年もやっているのに、チャイコフスキーの交響曲を5番・7番・8番を弾いたことがない。その割に1番・3番は弾いた・・・というヘンなヤツになってしまいます。
 ドヴォルジャークはそもそも1曲しかやってない(8番はやってないし、《新世界より》はそもそも名曲アルバムみたいのでその楽章をやっただけ)。
 モーツァルトは結構たくさん弾きました。
 ベートーヴェンは協奏曲全曲やってます。今のオケでツィクルスに途中参加です。前に残りの2曲はほかで弾きましたので、実質全部弾いています。
 ショスタコーヴィチ。4曲弾いたけど、5番はピアノしかやってないなー(泣)。
 シベリウス2曲弾いたけど。ちゃんと弾いたのは何故か6番だけ。
 シューマンもなんか全部やってますね。(あまり好きではない、室内楽の方が好き)
 メンデルスゾーンは3曲。

 さてブラームス。3番だけ本番直前に降りたために弾いてないです、一番好きなのに。次の号で「ブラームス、4曲の中でどれが一番好きか」というアンケート企画をやるんですが、私は3→4→1→2の順なのですが、演奏回数は、その逆順に多いのです。

 ともかく、「オーソドックスに名曲」というのをあんまり弾いていません。これも学生オーケストラ経験がないからでしょうかね。
 マーラーは大好きなのですが、まだ1番しかやったことがありません。2番はあまり好みじゃないのですが、5番がやってみたいなー。あぁもちろん合唱で歌ったことは何度もあります。

・・・

 というところでブルックナーです。

 いい曲ですね〜!♪ 9番。
 7月の2日・3日の2日間、がりがりとTuttiがありましたら、すっかり楽しくなってしまいました(体力的にはキツいですが)。
 ダイナミックにして繊細。いいわー。・・問題は2ndVnが裸で大事なとこが多すぎっ! セヴシクのようにさらわないといけません。

 次の練習は・・・来週か。がんばろ。

PS そういえば、今年の目標は「室内楽をやる!」でした。
 本当はピアノ四重奏をやりたかったのですが、とりあえず半年過ぎてしまい、
 その第一歩としてオケの人とソナタとかやることになったのです♪
 ピアノは、、、ほんと、指が動かないっすね(>_<)。来週は合わせです。がんばろ。



posted by rain2009 at 22:00| Comment(0) | play | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする